きび団子よりもみたらし派

2017年7月からブログを始めました。福岡県在住、出掛けることが好きで思い立ったらすぐ行動!1人でも行きたいと思ったら色々行きます。

きび団子よりもみたらし派

DHA・EPAとは?DHA・EPAが摂れる魚以外の食べ物を紹介します。

f:id:Momotarous:20170927170956j:plain

 

こんにちは、桃太郎です。

 

DHA・EPAってよく聞くけど何?

魚に多く含まれてるのは知ってるけど、それ以外はあまり知らない…。

 

ビタミンや鉄分などと違って少しマイナーですもんね。

今回はDHA・EPAについて詳しく説明していきます。

 

DHA・EPAとは?

 

DHAとは

 

(正式名称:ドコサヘキサエン酸)

頭の働きに対して効果があり、脳を活性化させたり認知症を予防する効果もあります。

人間の体内では作れない栄養素です。

 

EPAとは

 

(正式名称:エイコサペンタエン酸)

血栓が出来るのを予防してくれたり、 血液を健康な状態にしてくれる働きがあります。中性脂肪を下げてくれたり、動脈硬化予防が期待できます。 

つまりDHAは頭や脳関係、EPAは血液関係を健康にしてくれるということです。

 

オメガ3=DHA・EPAを含みます

 

このごろよくテレビなどで目にするようになった「オメガ3」ですが、実はこのオメガ3というのはDHA・EPA・α-リノレン酸などの脂肪酸の総称をいいます。

なのでオメガ3の表記がある食べ物にはDHA・EPAが含んでいます。

 

では、DHA・EPAを摂取するには何を食べたらいいのでしょうか?

 

DHA・EPAを含む食べ物

 

f:id:Momotarous:20170930195809j:plain

 

DHAやEPAを含む代表的な食材は「魚」です。

よく食卓に並ぶような魚のほとんどに豊富なDHA・EPAが含まれています。

 

毎日魚を食べれば一日に必要なDHA・EPAが充分摂取できます。(一日摂取量:1000mg)

 

ですが魚が苦手な人もいますよね。

大丈夫です、魚以外でもDHA・EPAは摂れます。

 

魚以外のDHA・EPAが含む食べ物

 

亜麻仁油・えごま油などの油類

 

f:id:Momotarous:20170930195835j:plain

 

DHA・EPAを含むオメガ3の含有量が多いのが亜麻仁油などの油類です。

オメガ3は魚の油にも多く含まれているのですが亜麻種子やえごまなどの植物油にも豊富に含まれているのです。

 

味は商品や何油かにもよるとは思いますが、わたしが亜麻仁油やえごま油を使ったときは大葉のような独特な味がしました。

魚が苦手な人は一度えごま油や亜麻仁油などのオメガ3が入っている油を使ってみてはどうでしょうか?

 

ただし油は酸化が早く、酸化してしまえばDHA・EPAなどの健康成分が半減するどころが逆に身体に害だったりします。

なのでなるべく少ない量の物を選び、こまめに購入する方がいいですね。

 

デメリットとしては味や調理法なのですが熱に弱く加熱してしまうと折角の成分が壊れてしまうんです。

 

なのでサラダにかけたりフルーツやヨーグルトなどにいれるという工夫が必要なのですが、油ですし味も独特なので味に抵抗がない、油あぶらしていても大丈夫という人以外はもしかしたらキツイかもしれません^^;

 

ナッツ類

 

f:id:Momotarous:20170930200012j:plain

 

ナッツ類にもオメガ3が含まれています。

くるみやマカダミアナッツなどがカロリーが高いのは油が含まれているからなんですね。

でもとても良質な油なので食べすぎさえしなければ、効果的にオメガ3を摂取できるのでおすすめです。

 

ただし、難点なのが一日に必要なDHA・EPAの量をナッツ類で摂取しようとすると、どうしても沢山食べないといけなくなります。

魚に比べオメガ3の含有量が少ないからです。

なのでナッツ類以外にもオメガ3を含む食べ物を食べる必要があります。

 

その他たまごやお肉類

 

わたしも驚いたのですが、たまごやお肉類にも微量ですがDHAが含まれているそうなんです。

ただし、これもナッツ類と同様含有量が少なすぎて沢山食べないといけなくなりますし、亜麻仁油・えごま油の所で書いたように加熱に弱いので生食がいいのですがさすがに生肉を大量には・・・^^;

なので、一応知っておく程度で期待はしない方がいいです。

 

DHA・EPAが摂れるお菓子

 

実はDHA・EPA入りのお菓子が販売されています。

子どもとかにDHA・EPAを摂らせたいなって思うならこちらがいいかもしれませんね。

 

メーカーや商品によってDHA・EPAの含有量も違いますし値段もバラバラですので、一部ご紹介だけさせていただきます。

 

成分:DHA:50mg、GABA:50mg

 

成分:カルシウム13mg、鉄0.12mg、ドコサヘキサエン酸(DHA)4-7mg

 

 

お菓子もかなり含有量が少ないですね。

 

魚以外の食材でDHA・EPAを必要量摂るのは難しそうですね。

でもオメガ3は熱にも弱いのですが、酸化も早く魚を焼いて食べればDHA・EPAが減ってしまい、刺身などの生で食べるなら酸化する前に食べないといけません。

毎日新鮮な刺身が食べられればいいんですけどね・・・。

 

なので、酸化が少なくしっかりと良質なDHA・EPAを摂取するにはサプリメントがおすすめなんですね。