不安で胸が苦しい時や食欲がなくなってしまった時の解決法

色んなことに悩んでいる女性

こんにちは、桃太郎です。

急に不安を感じたり、解決しようもない不安で胸が苦しくなって食欲が落ちたことってありませんか?
理由は人それぞれだと思います。

  • ふと両親が亡くなった時を想像して不安になった
  • 漠然と将来が不安に感じる
  • 気軽に話せる人や友だちがいなくて孤独が不安だ
  • 就職がずっと決まらなくて家族の事もあり先が不安だ
  • 今逃げられない状況にあって、不安で不安で押しつぶされそうだ

などなど・・・。
今回は、不安と心配性についてお話しますね。

不安を感じやすい人の特徴

不安を感じやすい人の特徴として以下の特徴があります。

  • 心配性
  • 行動しない
  • 先に考える
  • 細かいところを気にする
  • いつも”今”にいない
  • 考えがネガティブ

だいたい頭でっかちでそこまで重要ではない小さなことにこだわったり、心配してそれを調べたり不安になったりしてる割には行動しなかったりします。

また、いつも起きてもいない未来(ネガティブ)を想像したり、過去の失敗した出来事や、こうしておけばよかったなど考えてしまっています。
つまり意識が”今”にいないんですね。

どうして不安を感じるのか

不安を感じやすい人の特徴は分かりましたね。
ではどうしてそもそも不安を感じてしまうのでしょうか?

悩んでいる女性

失敗が怖いから

人間分からないことだらけですよね。
不安をあまり感じていない人は、分からないことは分からない失敗したらそれでいいやといったように楽観的に考えることが出来ます。

でも不安になりやすい人は、分からなくて失敗してしまうのが怖いのです。
とりあえずやってみようという考えが出来ないのです。

完璧主義者の方も不安になりやすいですね。
失敗したくないから分からないことが不安になって、沢山調べるけど完璧にやりたいので分からないことがなくなるまで調べてしまいます。
それで結局行動せずに終わってしまいます。

自分に自信がないから

自分に自信がないと、自分の発言や考えにも不安になってしまいます。
「多分」「だと思う」「知らないけど」「すみません」が口癖になってしまっている方は自信があまりない方ですね。

後でもご紹介しますが、自分に自信を持つためには自己暗示やポジティブな言葉を沢山聞くといいですよ。

ネガティブ思考だから

不安になることの一番の要因はまさにこの”ネガティブ思考”が原因です。
大体が未来か過去の事を考えて不安になることが多いと思います。(特に未来)

「皆から陰口を言われているんじゃないか」「彼氏にフラれたらどうしよう」「挨拶を返してもらえなかったけど、もしかして嫌われてるのかな」

そんな起こってもない未来を考え、しかも考える内容が全てネガティブです。
決して、「皆から実は好かれてるんじゃないか?」「彼氏に告白されたらどうしよう」「挨拶を返してもらえなかったけど、聞こえなかったのかな?」なんて事は考えません。

まぁ人間は基本ネガティブに考えるようにできています。
地震が起きて「自分だけは大丈夫」なんて考えていたら危ないですからね。

頭がいいから

そして意外なことに不安を感じやすい人は頭が良い人が多いのです。
頭がいいから、あらゆる可能性を考えるのですね。

普通の人がなかなか思いつかないような事を考えたりします。
不安になりやすい人は本来考える必要のない”最悪な出来事”まで考えてしまいます。

もしかしたら【不安神経症】かも?

不安神経症とは?

不安神経症とは、心因的な要因からくる「不安症」という病気の通称です。強い不安感が引き金となって、息苦しさや発汗、震えなど、日常生活に支障をきたすような身体への不調が現れます。

参照:不安神経症とは|強い不安感から起こる症状と治療法のまとめ

ただの不安ではなく息苦しさや震えなど、身体にも影響が出てきているなら、不安神経症の可能性もあります。
その場合はまず病院に行くか、カウンセリングをおススメします。

また、不安を解消するには自律訓練法がおすすめです。
自律訓練法の方法

自律訓練法は手軽に出来るリラックス法みたいなもので、私も時々やってますが、本当にスッキリしますよ。
また自律訓練法で自己暗示をする方法もあります。

不安を解消するには

それでは具体的に不安解消の方法をご紹介します。
簡単な方法から、ちょっと時間やお金がかかる方法があります。

方法論

しっかり休養を取る

不安に思っている事をいったん忘れて、ココアに蜂蜜でも入れてゆっくり休養を摂りましょう。

だらけきってる女

温まるので飲んでリラックスしましょう。
ココアは寝る前に飲むと効果的で、純ココアにはリラックス効果のあるセロトニンが含まれています。

不安なことを考えて、疲れてしまった時は温かいココアでほっと一息つきましょう。

音楽を聴く

不安で、胸が苦しくなってきた時におススメの音楽です。

リラックスするために聴く音楽は、歌詞のないメロディーのみがいいです。
本来歌があるけど、オルゴールやメロディーになっているものはあまりおススメではありません。(ジブリの音楽が曲のみになっているものなど)

なぜなら、知っている曲だと歌詞を考えてしまうからです。
歌詞がない曲でリラックスできる曲を聴きながら、不安なことは考えないようにしましょう。

運動する

意外と運動するとスッキリして、不安で苦しかった胸も息が落ち着いてくるとともに、静まってます。
人間はもともと動物ですので、運動をするように出来ています。

運動すると息が切れたり苦しいですが、心がスッキリするような感覚を味わうことができると思います。
私はストレスが溜まった時は、全力で100m~200m程度全力で走るとスッキリします。

走る女性

また”今”に集中するために散歩をすることもおススメです。
不安な事は考えず、外に出て周りを良く見渡してみましょう。
今まで気づかなかった変化に気づいたりしますよ。

誰かに相談してみる

不安に思っている事を相談できる人がいる場合は、信頼できる人に相談してみるのも一つの手です。

一人で悩みを抱えているのは思った以上にストレスです。

共感してくれて、しっかり話を聞いてくれる人に話してみて下さい。

話している女性

もし相談できる人や話を真剣に聞いてくれる人がいない場合、【ききびと.com】という有料ですが話しを聞いてくれるサービスもあります。

こちらは30分2,000円なので、良心的な値段だと思います。

また、無料のカウンセリングを行っている所もありますので、自分の地域やスカイプを使用してカウンセリングを受けることが出来る所を探して、相談してみるといいでしょう。

知らない人だと打ち明けやすいと思います。

瞑想&自律訓練法をしてみる

これはとてもおススメです!

上記の方法は結局その場しのぎみたいなところがありましたが、瞑想や自律訓練法はストレスに強くなる方法で、特に自律訓練法は自己催眠みたいなもので、自分で出来るリラクゼーションです。

是非とも不安を感じてどうしようもないという人に試してもらいたい方法なのです。

自律訓練法の方法・効果・注意点とは

実はというと、私も最近とても不安になる出来事があって、ご飯がのどを通らなくなり胸が重く苦しくどうしようもない時がありました。

不思議と瞑想をしていたり、自律訓練法をしているとスッキリした感じがあり、まだまだ完璧ではありませんが徐々にストレスに強くなっていっているような気がしています。

瞑想も時間がある時にやってみて下さいね!
マインドフルネス瞑想法

精神論

明日死ぬかもしれないと考える

幽霊の子

明日死ぬかもしれないのに、不安なことばかり考えてたらもったいない!
そうですよね?
不安な事ばかり考えて、悩みを抱えたまま死にたくないですよね。

考えてもどうしようもないことは考えない

例えば、将来の漠然とした不安(結婚できるかや親が亡くなったらどうしよう等)を今心配してもしょうがないし、自分で決められないものは心配してもしょうがないです。

もちろん、それに備えて何かしら対策が出来るなら越したことはないですが、病は気からです。

心配することによって身体に影響が出る場合もあります。

まぁ、それでもどうしてもふとした時に考えてしまいますよね。

そういう時は、熱中できる趣味やテレビを見たりなど何かひとつのことに集中できるものに取り組むことがベストです。

規模を大きく捉える

これは盲点なんですが、だいたい色々考えて考えて不安になってしまっている人って、小さなことや悩まなくていいような細かいことに悩んでいることが多いです。(私も含めて)

なので、一度本当に今悩んでいるものは考えるべきなのか、細かいことを気にしすぎていないかを考えてみてください。

周りの人に感謝をしてみる

普段当たり前だと思っていることに感謝をしたりすると不安感が薄まりますよ。
感謝って本当に大切だと思います。

特に親が亡くなったらどうしようとか、友だちもいないし孤独で誰も頼れないって考えて不安になっている人。

初めは嫌々でも親や周りの人のために、何かしてあげたり感謝の言葉をかけたりすると、自然と周りの見る目が変わって向うからも感謝されたり、頼りにされたりしだします。

というか人のために何かをするって簡単な割りに満足感が高いんですよね。
つまり、心が幸せを感じれば少しずつ心に余裕が出てきます。

不安を感じている状況は、心が弱っている時や余裕がないときですからね。

ノートに不安を書き出してみる

ノートに、今何に不安を感じているのかを書いてみてください。

本

例えば、「学校に行くのが嫌だ」と感じているならそれを分析するように、「どうしていやなのか?」と書き、嫌な理由を書いていきます。

そしてその問題は解決出来るのか、我慢できるのかなどを考えていくと実は小さなことで悩んでいただけだったということがあったりします。

不安の分析をする感じですね。

友達がいないので、これからずっと孤独なのか不安

どうして孤独だとダメなのか?

孤独だと不安を感じる

どうして孤独だと不安なの?

孤独だと、将来が不安だし頼れる人もいないし、自分が誰にも必要とされていないんじゃないかと思ってしまう

そう思うなら、必要とされるように周りの人ともっと交流できるように今の生活や態度、考え方を変えるとか、将来が不安なら婚活してみるとか、信用できる友達を作るとかとりあえず行動しなきゃ!

というように具体的な解決策が見えてきたりします。
頭でモンモンと考えるよりも、考えがまとまってきたりしますよ。

 

番外編:ポジティブ思考になろう!

不安を感じやすい人は、起こった出来事やこれから起きるであろう出来事に対して、ネガティブに考えてしまうから不安になってしまうのです。

なので、ポジティブ思考になってしまうのが一番の解決策なんですね。
でもそれって難しく思いますよね。

正直、自力でポジティブ思考になるのは至難の業だと思います。
だから私は潜在意識(無意識)に働きかけています。

日常生活を送っている分にはポジティブなプラス言葉を聞くことって、ネガティブな言葉を聞くよりもずっと少ないと思うんですよね。

愚痴や不平不満はよく聞くけど、「助かったよ」「幸せだ」「楽しい」「嬉しい」などはあまり聞きませんよね。

ずっとネガティブな言葉ばかりを聞いてしまって、ネガティブに慣れてしまっている状態なんだと思います。

だから、逆にポジティブな言葉ばかりを聞いて、ポジティブな思考に変えていこう!って魂胆です。

一部ご紹介しますね。

私は寝る前のうとうとしている、潜在意識のゴールデンタイムに聴いています。

これを聞き出して、なんだかイライラすることが減ったような気がしてます。
結構おススメですよ。

まとめ

私もネガティブ思考で心配性なので、不安になってしまう気持ちはよく分かります。

最近は自己暗示やポジティブな言葉を聞いて考え方を変えるようにしています。

自分は考えがネガティブだから、心配性なのは生まれつきだからと諦めないで頑張って思考を変えていきましょう!

起きてもない未来を考えたり、不安ばかり感じて行動を起こさない事は時間も体力的にもとてももったいないですよ。

桃太郎

名前もアイコンも男っぽいですが、女です。
好奇心旺盛で、やりたいと思ったことに色々手を出したりするので、このブログも色々なジャンルを書いています。
いわゆる雑記ブログ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です